繰り返し登録料金を払わせる家出掲示板

■女の子と連絡を取り合うために登録料金を払わなければならないところ
家出掲示板では、中の女の子と連絡を取り合って実際に会うわけですが、相手とのアドレスを交換するのが一般的で、このアドレス交換をするときにびっくりするような登録料金を支払わなくてはならないところがあります。
確かに出会い系サイトなどでは、中の女の子と連絡先を交換するときに2000円位の料金を支払ってアドレスをもらうことがありますが、その料金よりも 10倍以上も高い料金を請求してきます。
やはりその場合は怪しいと思って断るべきでしょう。
例えば、あなたはまだ登録料金を払っていないので今から女の子と連絡先を交換するためには、登録料金を明日までに支払って完了させて下さいというようなメッセージをもらうようなことがあるかもしれません。
これは明らかにおかしいです。
登録料金を支払わなくては入会できない家出掲示板というのは、あまり聞いたことがなくその言葉を聞いた時点で悪質な会社であることが経験者にはすぐにわかってしまいます。
何度もだまされてしまった人ならその時点で気がついて、すぐにその今遊んでいる家出掲示板を利用するのをやめてしまうことでしょう。
けれども初めて家出掲示板を使っている人は全く分からず、その登録料金を支払えばその女の子とすぐにでも会うことができると思って、喜んで高額な料金を振り込んでしまう人がいます。
一度振り込んでしまった人を悪質な会社は手放すことはなく、次々といろいろな理由をつけて料金を請求してきます。
例えば二日間遊んだので1日ににつき○万円の料金を支払わなくてはなりませんとか、アダルトな内容の会話をしたので追加料金を支払わなくてはならないとかいろいろな理由をつけてきます。
何度もこのような家出掲示板をやっている人にとっては、おかしなことを言っていると思って全く取り合わないのですが初めての人にとってはそういうものかもしれないと思って素直に振り込んでしまう人が今現在もいます。
これは明らかにおかしいので、繰り返し登録料金やわけのわからない不明なお金を振り込んでほしいと言ってくるところは、使っていただきたくありません。
銀行を通して振り込むという行為自体が怪しいので、コンビニもしくはクレジットの決済で料金が支払えないようなサイトでは家出掲示板は使わない方がよいです。
銀行振り込みをするということは、たぶん会社の名前ではなく個人名義だったり、コンビニ決済をするのにもそれなりに会社の登録をしていなくてはやることができないので、そのような小規模の会社は怪しいです。
料金の支払い方法を一つでも、怪しいサイトと良心的な営業しているサイトで明白な違いが表れてきますから、あなたがいま降り込もうとしているそのお金、銀行に直接お金を振り込むなんておかしいです。
延滞料金でもないし、昨日今日入会したネットの家出掲示板に直接お金を振り込むなんて明らかにおかしいですから、人間自分のカンがとても大切なので、おかしいと思ったら立ち止まるようにして下さい。

メールでの督促はおかしい
悪質な家出掲示板の場合、あなたのことを知っている情報はメールアドレスしかないはずですから、あなたが料金を支払わない場合メールで督促状を送ってくるはずです。
例えば、三日悪質な家出掲示板ではそんな場合その間の料金を支払ってほしいというふうに、もっともらしい文章を書き連ねてメッセージで送ってくるかもしれません。
けれども本当に料金が発生するときは、これくらいの出会い系サイト無料料金が発生しマシューを支払えますかというふうに何度も確認作業を繰り返して、携帯電話の料金でまとめて決済するか、クレジットの決済をするか、このような方法でネットでの決済は発生すると思います。
悪質な家出掲示板は、ユーザーに直接自分たちの銀行口座に振り込んでもらいたいのでどうにかしてメールで振り向かせようとするのです。
もちろんはユーザーたちを脅して、携帯電話のメールの同盟員から個人情報がわかるから逃げてもむだとか、初心者にとっては怖ろしくなるようなメッセージを送ってくると思います。
けれどもよく考えてみてください、正式な督促状がメールで来ると思いますか。
くるわけありませんよね、仮にはがきとかで督促状が来たとしても、裁判所からの手紙以外はあまりに見てもしなくて大丈夫だと思います。
このような悪質な家出掲示板の場合は、とにかくどうにかしてお金を支払ってほしいのでユーザーたちの情報を集めるために心を揺さぶるようなメッセージを送ってきます。
メッセージの中にはここに電話をかけて下さいというようなメッセージも多く、そこに電話をかけてしまったらおしまいですよ。
たとえばあなたに督促のメッセージが届いて、電話番号が記載されていたとします。
電話をかけたら感じの良い女性が電話に出ることがほとんどなのですが、あなたが督促状に書いてあるお金について身に覚えがないことを相手に告げると、相手は必ずあなたの登録情報を調べますから電話番号生年月日、住所を順番に行って下さいというふうに言ってくるでしょう。
これをもしも相手につれてしまったら逃げることはできないので、必要以上に相手に情報を上げないためにも、このようなところに電話はかけてほしくないです。
やはり相手はどうにかしてだまそうと思っているので、電話で話してしまうとどうしても乗せられてしまいきつよう以上に余計な事をしゃべってしまう恐れがあります。
メールでの支払い請求はおかしいですから、どうもおかしいと思ったら消費者生活センターなどに相談するなりして解決しなくてはなりません。